業務委託と業務請負の違いなど、どうも理解しにくい定義をわかりやすく解説。契約書作成時の雛形サンプルや業務委託で働く方のための確定申告などのお役立ち情報をまとめています。

業務委託とは?が解るまとめ

業務委託とは、仕事を個人事業主として企業等から請け負う労働形態を意味しています。
業務委託と業務請負の違いがわからない方が多いと思いますので、わかりやすい例をあげて説明してみます。例えばクリームパンを作る場合として、職人を自社に読んで自社の機械を使ってクリームパンを作らせるのが「委託」となります。一方、自社で販売するクリームパンを他社の工場に作らせるのが「請負」となります。

委託の場合は発注者の所有している機械を使って仕事をし、請負の場合は受託者の所有している機械を使って仕事をすることになります。

労働者を採用する企業側からの視点では、労働者を正社員として雇用するには各種保険料の支払い義務や安定雇用などの雇用リスクがあり、それを回避するために正社員として雇い、抱え込むスタイルではなく、必要なときに必要なことだけをやってもらうことを目的とした労働形態として採用側にとってはリスクが少ない理由で注目されている契約となります。


 >>業務委託のオススメ書籍(送料無料)はこちら<<


業務委託の法律では、一般的に2つの見解があります。
1.委託とは、一般的に一定の法律行為または事実行為を成すことを他人に依頼すること。
2.委託とは、一定の行為を他人に依頼すること。
このようになっており、解りづらいですが外注契約の場合「業務委託」という言葉は事業主に対して仕事を依頼すること全てという解釈になると思います。

業務委託を検討されている方には、業務委託や請負に関する契約書の作成が必要になってきますので当サイト内の業務委託雛形をご参照ください。
業務委託のスタイルで働いている方には、確定申告などの際に不安があると思いますので、当サイト内の業務委託確定申告や業務委託募集のページをご参照ください。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

業務委託:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.characterbank.net/itaku/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

芸能人ダイエット