業務委託 確定申告


業務委託で働く人にとっての確定申告はどうしたらいいのか? そんな疑問にお答えする情報をまとめてみました。業務委託とはいっても一定の時間を一定の場所にて勤務する形の業務委託も多く、ほとんど派遣の方と同じようなスタイルの場合ですと、経費があまり発生せず税金の負担が多くなることを懸念される方も多いように思えます。

雇用側にとって業務委託とは、社会保険料や労働保険料の雇用主負担や面倒な源泉徴収の事務がないことから好まれていますが、働き手の立場は自分で税金の申告をする必要がありますので、逆に言えば個人事業主としての手腕を発揮できるポイントでもあると思います。業務委託の報酬が実際は給与形態であったならそれは事業所得となります。


この場合は条件を満たせば「家内労働者の特例」が認められ、65万円の特別控除が認められる場合があります。認められない場合なら、事業所得となり、交通費などの必要経費を差し引いて所得とする必要があります。


 >>業務委託のオススメ書籍(送料無料)はこちら<<


給与の場合は、収入から給与所得控除を差し引いたものが所得となり、事業所得の場合は、収入から必要経費を差し引いたものが所得となります。確定申告の時期は2月1日から3月15日までとなります。認め印と、終始内訳書、金融機関の講座のメモを持って税務署にいけば手続き完了となります。またこの時には控えに受領印を押してもらって保存しておくことをオススメいたします。

スポンサードリンク

この記事のタグ

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

業務委託:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.characterbank.net/itaku/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

芸能人ダイエット