世の中には不要となったランドセルの寄付やぬいぐるみなどおもちゃの寄付、さらには髪の毛の寄付行為など恵まれない国々に育つ方へ役立ちとなるさまざまな寄付行為があります。

ランドセル寄付、使用済み切手寄付、髪の毛の寄付など

寄付行為というとユニセフへの寄付金などが最初にイメージできますが、お金だけでなく不要となった生活用品や髪の毛寄付など、私たちが想像するよりも物品にて行う寄付行為は、タイやカンボジアなどの第三国に対して大変喜ばれるニーズがありますので、このページではどのような物が寄付行為として恵まれない方へ役立つのかをまとめてご紹介いたします。

物品の寄付で需要が高いものを挙げてみると、衣類や古着の寄付など洋服の寄付が代表的なものとなります。経験談としてはタイなどメジャーな国においても、日本人の感覚では不要としてゴミ箱に捨てた衣類を現地の人たちはゴミ箱から探して嬉しそうに持ち帰る光景を見まして、そのとき自分がゴミとして出したものをそのような形で持っていくのなら、気持ちよく寄付という形でしっかりクリーニングして渡してあげれば良かったという思いに駆られました。

衣類についで喜ばれる寄付には、ぬいぐるみの寄付と子供服の寄付ですね ^ ^子供のおもちゃを寄付することはとっても喜ばれると思います。ぬいぐるみの寄付ですと送料はこちら負担になることが多いので少々輸送費が掛かりますが、子供がかつては遊んでいたぬいぐるみでも時が経つと卒業していくものですし、子供服の寄付にもサイズが小さくなって処分することが多いと思いますので、ぬいぐるみの寄付や子供服の寄付は、送った先で大事に喜ばれて使ってくれるイメージも湧きやすく、寄付するこちら側としても気持ちのこもった寄付行為になると思います。


 >>寄付のオススメ通販はこちら<<


社会起業家のジョン・ウッドの書籍でも話題になりましたが、ラオスなどの第三国では教育に熱心な関心が寄せられながらも学校そのものの数が足りない状況ですので、当然ながらランドセルの寄付や文具の寄付、鉛筆の寄付、鍵盤ハーモニカの寄付などにも高い需要があります。中でもランドセル寄付には日本では高い関心が寄せられているようなので、寄付団体としてランドセルの寄付を国内の送料のみで受付ているところもあります。また寄付の種類としては靴やスニーカーの寄付ももちろん喜ばれるので、子供用のスニーカーでサイズが小さくなったものも捨てずに寄付行為として取っておかれると喜ばれるはずです。

最後は意外なところで髪の毛の寄付というものがあり、医療用かつら寄付もそうなのですが、これは寄付として送られた髪の毛でかつらを作成し、寄付金にするというものです。
髪の毛の寄付には幾つかの条件がありますのでまとめてご紹介いたします。

髪の毛の寄付には、長さが25.4センチ以上の髪で束ねるか三つ編みにして、キレイに洗い感乾燥させたものをプラスチックの袋に入れて封筒にて送っていただくことになります。
髪の色や男女の性別は関係なく、数年前にカットされた髪でもOKとのことです。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

ランドセル寄付・ぬいぐるみ寄付・髪の毛 寄付行為:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.characterbank.net/kifu/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

芸能人ダイエット