洋服・衣類の寄付


身近にできるボランティアとして洋服寄付というものがあります。日本ではすっかり物が余る時代になってきましたので、不要となった洋服を寄付すること自体、それ以上に輸送コストが掛かったり、相手側の迷惑になるのでやめておいたほうがいいという意見も存在していますが、世界にはまだまだ着る洋服に困っている国は歴然と存在しています。


他にも洋服を寄付するくらいならば、バザーなのでお金にしてそのお金を送ってあげたほうがいいとう意見もありますが、これも多くは運営費として団体に吸収されてしまう現実がありますので、洋服を寄付される気持ちのある方は、余計な意見に気分を害されることなく行動に移していただければと思います。

洋服・衣類を寄付する先として国内では、新宿連絡会が有名です。


http://www.tokyohomeless.com/ こちらはホームレスの方々を対象にした洋服寄付となります。他にも教会に洋服を寄付したり、神奈川県川崎市の洋服寄付活動もよく耳にします。


 >>寄付のオススメ通信商品はこちら<<

洋服を寄付する先として海外では、タイやネパールなどの国では日本の服は特にキレイなので喜ばれます。私の友人がタイに住んでいますが彼女が着ないと判断して捨てた洋服は、現地のタイ人女性たちがゴミ箱から漁り喜んで服を持ちかえっていくという話しを聞いたことがあります。洋服だけでなくスニーカーも不足しているそうです。また洋服を寄付するときには洗濯してから送ってあげてくださいね。タイでは、とくらプロジェクトというサイトがあります。http://chmai.loxinfo.co.th/~sakura/support.htm こちらでは古着を船便やAL便で送料自己負担で送ってほしいと書いてあります。
パキスタンでは、NPO法人 日本ファイバーリサイクル連帯協議会があり、年3回の受付期間があると書かれています。http://www.f3.dion.ne.jp/~jfsa/iruiinfo.html こちらを参考にしてください。

スポンサードリンク

この記事のタグ

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

ランドセル寄付・ぬいぐるみ寄付・髪の毛 寄付行為:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.characterbank.net/kifu/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

芸能人ダイエット