永代供養 墓を利用するための費用、料金、相場から永代供養の意味や納骨堂について知りたい方向けに、永代供養の各エリア別に(東京・大阪・名古屋・神戸・京都・大分・北海道・兵庫・神奈川・千葉など)または高野山、加古川、曹洞宗、浄土真宗などの区分ごとに最近の永代供養についての情報をご紹介いたします。

永代供養墓の意味と永代供養の費用・料金・相場について

人生をまっとうした者の次なる住処たるお墓ですが、最近は少子高齢化の時代にて墓守不在の心配をされる方が多く、大切な人が眠るお墓を安心して任せたい。そのような大切な先祖を敬う方々からの要望を受けて誕生したのが永代供養墓です。

永代供養の意味とは、親類親族が本来責任を持って管理するお墓を、永代にわたり寺院などの管理団体がお墓を代わりに管理してくれるサービスであり、お墓の継承者がいない方や先祖のお墓が地方にあるためお墓参りが困難である方、または自分自身のお墓を生きてるうちに今後の管理を含めて安心して任せておきたい方など。
そのように思われる方の多くが永代供養を利用しています。


永代供養の特徴として、永代供養のお墓は個々の墓石を建立いたしません。
そのため永代供養にかかる費用は、一般のお墓と比べて墓地使用料がかからないため料金面で通常のお墓より負担が少ないことも長所になると思います。

永代供養の相場としては、納骨方法などにより幅がありますが大凡の目安として30万円から60万円程度の幅を相場として考えられたらよいかと思います。


一般的なお墓では定期的に維持管理費用がかかるものですが、永代供養墓には生前申込みを除いて、一度管理費用を支払えば、その後の費用や追加料金やお布施は発生しないため、自分の死後に親族に迷惑を掛ける事なく精神的にも安らぎを感じられると思います。


 >>注目の永代供養通販情報はこちら<<

また、一部の寺院を除いてですが永代供養は基本的に宗教や宗派を問わないため、お住まいの地域にて望まれる環境にて、永代供養の団体がありましたらお気軽に相談してみると良いですね。

永代供養ができる場所には納骨堂とお寺がありますが、丁寧な供養という意味では永平寺や一心寺、西本願寺、四天王寺、吉祥寺などに代表されるようなお寺のほうが満足度が高いとの話しです。

詳しくは各都道府県別にて、永代供養の東京・名古屋・大阪・京都・大分などのページを随時まとめてみますのでご参考にされてください。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

永代供養墓と永代供養料金がわかる都道府県別の永代供養ガイド:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.characterbank.net/kuyou/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。