高野山 奥の院 永代供養ガイド


高野山奥の院での永代供養は、総本山金剛峯寺が管轄となります。
金剛峯寺は1593年に豊臣秀吉が亡き母を想い建立したもので、主殿は重要文化財とされているだけに、大変趣き深い作りとなっていますね。そういった背景からも
高野山奥の院での永代供養を希望される方は多いのですが、厳密には高野山奥の院での永代供養は受付しておらず、弘法大師空海が開いた本山を構成する子院に位置される「宝善院」にて永代供養は受付しています。

総本山金剛峯寺では読経供養や灯明供養を最長で1年間まで行います。永代供養に関してのご相談は奥の院に納骨堂を完備している「持明院」がそれにあたり全骨の納骨供養を受付しています。また納骨法要料が別途掛かりますが、五輪塔や特別五輪塔への納骨も可能とのことです。

金剛峯寺の奥の院は、和歌山県伊都郡高野町大字高野山550を住所として、総本山金剛峯寺とは高野山全体を意味しています。


奥の院は高野山の信仰の中心で、樹齢千年を超える木々の中に約20万以上の慰霊碑などが立ち並んでいます。

 >>注目の永代供養通販情報はこちら<<


金剛峯寺への参拝は一般開放されており、朝8時半より夕方5時までの間で大人500円、子ども200円の拝観料を支払い入ることができます。
高野山奥の院での永代供養を望まれる方は、一度現地にてその旨を伝え、高野山内の各寺院にご相談のうえ最良の方法を思案してみてください。

参考までに高野山親王院では永代供養墓のみで40万円の費用にて受付されているようです。永代供養の相場としても良いと思います。
オプションを含めると永代供養の料金としては、大柱石付きで200万円となっています。こちらも宗旨・宗派は問わず全国からお申し込み納骨が可能となっています。


スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

一心寺 永代供養
由緒有るお寺にて永代供養を考える方に人気の一心寺永代供養。こらちは宗派を問わず......
曹洞宗永平寺の永代供養ガイド
曹洞宗の総本山寺である永平寺では、永代供養を承っていますので、家の宗派が曹洞宗で......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

永代供養墓と永代供養料金がわかる都道府県別の永代供養ガイド:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.characterbank.net/kuyou/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

芸能人ダイエット