舞妓 体験 京都


京都に訪れたなら憧れの舞妓体験の出来る着付けサービスは気になるところですよね。ここでは私の京都舞妓体験の感想をまとめてみました。実際に京都で舞妓体験される前に読んでおくと便利です。
私が舞妓体験をした場所は清水寺のふもとにある着付け屋さんでした。

ここでは一階が友禅染のバックやスカーフなどを販売しているお店で二階が着付けスタジオになっていました。金閣寺に参拝に行く坂道の途中に看板が出ていて、昔から憧れていた舞妓さん体験への思いが急に高まりまして(笑)勢いでやってしまいました。

平日でしたのですいてて、すぐに着付けが始まりますが時間はだいたいメイクと着付けで40分くらい、舞妓さんになってからの写真撮影が20分くらい、メイク落としまで合わせて合計で90分くらいでした。私の場合は写真撮影は室内のスタジオでおかみさんと彼氏のケータイカメラで撮影程度でしたが、希望されれば屋外のいくつかのスポットを選んで撮影もできますので、友達と一緒に舞妓体験をされるのなら思い切って屋外での散策撮影コースを選んでみると楽しいはずですよ。


写真は3枚観音開きの仕様でプレゼントしてくれます。メイクはやはり舞妓さんメイクなので、凄まじいまでに白塗りになりまして、ホントに舞妓変身のようでした。

 >>舞妓さんのオススメ通販グッズはこちら<<


顔からうなじの辺りまでおかみさんと談笑しながら手早く白くなっていきます。途中目をとじていたので、鏡を見せられてさすがに我ながらの事態に少々驚きもありまして、眉毛やアイライン、口紅などのパーツのメイクが完成されてくるにつれて気分もすっかり憧れの舞妓さんモードに入っていくようになります♪

着付けやかつらの装着なども慣れた感じでスピーディーに進んでいくので、あまり緊張してる暇もない感じでした。撮影のときには何種類か舞妓さんポーズを取るのですけどこれが緊張してなかなか難しかったです。機会があればまたチャレンジしてみたいですが、個人的にはもう少し頬がぷっくりしていた学生時代にやっておけば良かったなぁと思っています。生涯残る楽しい思い出になりますから、ぜひあなたも京都では舞妓さん体験してみてくださいね。

スポンサードリンク

この記事のタグ

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

京都の舞妓さん:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.characterbank.net/maiko/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

芸能人ダイエット